瀬戸市の中心市街地商店街では、有志による店舗が他の事業者と連携することで、新しい商品の開発など、新しい取り組みを瀬戸まちづくり株式会社や瀬戸市役所との協力のもと行っていますので、ご紹介します。

瀬戸茶わん屋プロジェクト

 「瀬戸茶わん屋プロジェクト」は、中心市街地の商店街振興組合に加盟し、陶器販売店を営む事業者の有志で立ち上げたプロジェクト(リーダー:鐘忠陶器 水野忠輔さん)で、今回のテーマを「家呑み」とし、事業者一押しの器に、料理家である株式会社みのかも代表の長尾明子氏の協力のもと、器にあうレシピを考案し、器に盛りつけ、写真の撮り方やポスター・SNSなどのPR方法など助言を受け、令和3年3月27日(土)から5月5日(水)まで、『瀬戸茶わん屋めぐり』と称して器の販売をします。  このプロジェクトには、山惣陶器、ぬくもりの器わっつ、和洋食器さかえ、鐘忠陶器、ギャラリーもゆ、綱具屋SETORe、かめりあの7店舗が参加しています。それぞれのインスタグラムのアカウントをフォローし、各店舗の器の提案をご覧ください。

◆展示店舗(店舗名をクリックするとインスタグラムにリンクします。)
山惣陶器ぬくもりの器わっつ鐘忠陶器和洋食器さかえ
ギャラリーもゆ綱具屋SETOReかめりあ

◆料理•写真•レシピ提案
minokamo/長尾 明子